記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

大学を辞めると子供が言ってきた時の親の気持ちと対処方法

2017.11.16

大学を辞めると決めると、親の事やお金の事、これからの事など考えることがいっぱいありますよね。

後悔しない人生を送りたいと思っているのはみんな同じです。

大学を辞めて後悔しない人生を送るために出来ることをまとめてみました。

こんな記事もよく読まれています

大学を辞めると決めた時親は猛反対しました!

大学に通う事に疑問を持ち始め、中退するまでにはたくさん親と話し合いました。もちろん親の猛反対があったり、自分の人生について何度も何度も考えましたよね。とても辛い事がたくさんありますが、その代償として手に入れることが出来る自由な生活を今はとても気に入っています。

始めから大学で勉強している学部に興味がなかったので、早く働きたいと思っていたので学校で嫌いな勉強をしていた時よりも、ストレスもなくとても素敵な生活を送れるようになりました。

実際に中退するとどのような生活が待っているかと言うと、バイトと勉強を両立している大学生なら、もう学校に行くことがないので、基本はバイトと自分の時間になります。

大学を辞めると言い出した時、親がやるべきこと

大学を中退したいと話すと、頭ごなしに否定する親も多いと思います。頭ごなしに否定されてしまうと「相談しても無駄」と思ってしまい子供は黙り込んでしまいます。その後話をしないまま時が過ぎて、結局中退してしまうこともあるので、頭ごなしに否定はしないで下さい。

何かのトラブルが起きて中退と考えているのだから、親はそのトラブルを解決するためにサポートをしましょう。

大学を中退したい理由がほんの些細な時もあります。親を話しをすることで、又やる気になり通学する人もいるので、快く相談に乗りましょう。

どうしても大学中退は避けたいと思う親の気持ちはわかります。それも最初から否定するのではなく、大学中退するとどのようになるのか?中退後の進路はどうように考えているのか?の話し合いはきちんとしましょう。

大学を中退すると、両親が思い描いていた「大学を卒業後大企業に就職」という夢が崩れてしまうかもしれないけど、それですべてが終わったわけではありません。

中退しても、専門学校に通い大学生の時よりも、自分のやりたいことをしている人もたくさんいます。

他には就職活動には不利な所もありますが、民間企業、公務員でもきちんと働いている人も多くいます。だから親はサポートに回り、大学を辞めると将来どのようになるのか?辞めた後はどのようにするのか?と言うことを一緒に考えましょう。

大学を辞めると決意した人へ。親を説得するのは大変

はじめに話しておきたい事は「中退はあまりしないほうがいい」と言う事。身も蓋もありませんが「あまり」と言うところが微妙な意味があります。中退してもあまり、ろくなことはないという意味になります。中退はある意味、勉強を頑張って大学に入るより大変だと言うことです。

「辞める」と決断し退学届けをもらうまでは、親を説得しなければなりません。その後担当教授に許可をもらい、学長に印をもらうのが流れになります。

この行動がかなり大変です。どうして辞めるのか説明しないといけないし、相手は大人なのでどうしてもこちら側を「説得」してきます。ですので辞めると決めた場合は「強い意志」が必要になってきます。

特に親は、もう泣き落とし状態になります。「馬鹿な考えはやめなさい」「将来はどうするの?」「高い学費を支払ったのに」と色々言ってきます。そこを跳ねのけられないといけません。

そこで辞められたとしてもその後の生活は何の後ろ盾ないので大変です。専門学校に行くか、別の大学を目指して勉強するならいいですが、私のように全く無計画で辞めてしまうと本当に大変ですので、よく考えましょう。

子供が大学をやめたいと言い出した時、親はどうする?

45歳の母親です。大学を目指して頑張っている子供がいます。Aさんも高校時代は勉強をとても頑張って、大学進学を目指して、その結果偏差値の高い大学へ入ることが出来たのでともて素晴らしいと思います。

親は、子供を進学させてきちんと卒業させる事だと思います。成人したと言っても、親に学費を支払ってもらっているのだから、子供は大学を卒業する義務があると思っています。大学を卒業してからでも、専門学校や他の大学で勉強することは出来ます。

親としては、大学はきちんと卒業してもらいたい。理由は就職、転職、お給料などに関わって来るからです。もし大学を中退してしまうと、高校卒業になってしまいます。給料や就職に差がでます。おそらく一生。

やりたい仕事があるのはとても立派です。なんとなく大学に行って、何となく就職とは違います。大学を卒業するまでは親に面倒を見てもらっていいんです。

今の大学生活の勉強はムダのように思うかもしれませんが、社会に出れば必ず役に立つ日が来ます。

自分が後悔しない人生を送ることが大切!親も願っている

大学に行くことが辛いを思っている人に言いたいおは「大学をやめてもいい」と言う事です。私のように本当に辞める必要はないかもしれませんが、やめてもいいという選択もあるので気分的に少しは楽になると思います。

本当に大学を中退しても私のようになんとか生活していけます。人間はどんなことがあっても生きていけるんです。

大切なのは自分の気持ちに素直になることです。自分の気持ちに素直に生きると人生が思わぬ方向に開けます。自分の後悔しないように生きる事。それがとても人生には大切です。

 - 職業・仕事