記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

A型O型B型AB型の血液型の分類や性格について

2017.8.26

血液型で性格について話した事はありませんか?

A型O型B型AB型に分かれていますが本当に性格に関係してくるのでしょうか。

またどのように血液型は決まるのか、調べるタイミングはいつ頃がいいのかなど血液型についてご紹介します!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

A型O型B型AB型の調べ方、分類について

血液型はどのように分けられているか知っていますか?血液型を調べる時に採血をするのはご存知かと思いますが、そもそも何を調べているのかそんな血液型について紹介します。

血液型は赤血球によって分類されています。

  • A型は赤血球の表面にA抗原を発現する遺伝子を持っていて、血漿中にB抗原に対する抗体が形成されています。
  • B型は赤血球の表面にB抗原を発現する遺伝子を持っていて、血漿中にA抗原に対する抗体が形成されています。
  • O型はA抗原もB抗原も持っておらず、血漿中にA抗原、B抗原に対する抗体が形成されています。
  • AB型は赤血球の表面にA抗原もB抗原も持っていて、血漿中にA抗原、B抗原に対する抗体が形成されていません。

このようにA抗原、B抗原の持ちかたによって血液型は分類されています。

A型O型B型AB型は親の血液型から推測できる?

自分の血液型は親の血液型から推測できるのを知っていましたか?血液型は組み合わせで決まるので、親の血液型が分かるとだいたい推測することができます。その血液型の組み合わせについてご紹介します。

血液型はAA、AO、BB、BO、AB、OOの組み合わせで分類されます。

  • AAとAOはA型で、BBとBOはB型、ABはAB型、OOはO型となります。
  • 親がA型同士だと、AAかAOなので、AA同士の親ならAA、AAとAOの親ならAA、AO、AO同士の親ならAA、AO、OOとなります。
  • A型とB型の親ですと、AA、AOとBB、BOの組み合わせになるので、AAとBBの親ならAB、AAとBOならABかAO、AOとBBならABかBO、AOとABならAB、AO、BO、OOとなります。
  • A型とAB型の親だとAA、AOとABの組み合わせなので、AAとOOならAAとAB、AOとABならAA、AO、BO、OOとなります。
  • A型とO型の親だとAA、AOとOOの組み合わせなので、AAとOOならAO、AOとOOならAO、OOになります。
  • B型同士だとBBとBOの組み合わせになり、BBとBBならBB、BBとBOならBBとBO、BOとBOならBB、BO、OOになります。
  • B型とAB型の親だとBB、BOとABの組み合わせになり、BBとABならAB、BB、BOとABならAB、BO、BB、ABとなります。
  • B型とO型の親だとBB、BOとOOの組み合わせになり、BBとOOならBO、BOとOOならBO、OOとなります。
  • AB型同士だとABとABの組み合わせでAA、BB、ABとなります。
  • O型同士の組み合わせはOOとOOなのでOOになります。

このように親の血液型でだいたいを推測することができるのです。

血液型のA型O型B型AB型で性格がわかるのでしょうか?

A型は几帳面、B型はマイペースなど血液型によって性格が違うという話を聞いたことないですか?本当に血液型と性格は関係しているのでしょうか?

血液型と性格の関係性を分析してきた方によれば、血液型によって違うのは性格ではなく、思考のパターンだそうです。

例えば、相手の考えに影響されやすい、消極的になってしまうなど人はそれぞれ考える時にある一定に向くという傾向があります。この考える傾向は自分の意識ではどうすることもできなくて、これが思考のパターンになるのです。

A型の人は経験や記憶などを中心にして物事を考える傾向にあるので、几帳面な性格などと言われるのです。血液型によって物の考え方が違うから性格が違うと思われているようです。

血液型で性格を判断するのをどう思いますか?

血液型と性格の関係について科学的な根拠はないのですが、それでも血液型によって性格が違うと話す人がいますよね。そんな血液型の性格について話すことについてどのように思っているのかを紹介したいと思います。

  • 血液型で性格を決めるのはくだらないと思っています。
  • 軽い会話程度の話ならいいと思うけど、血液型で性格を決めつけてそれで人に迷惑をかけているような人はどうかと思う。
  • ずっとA型だと思っていて周りからも几帳面だと言われていたのに、実はO型だったと判明したら少しでも手を抜くとやっぱりO型だねと言われるようになり人の思い込みって激しいしくだらないなと思った。

など、ちょっとした会話程度ならいいのかもしれませんが血液型で性格を決めつけるのは良いことがないようです。

赤ちゃんの血液型を調べない病院が増えている?理由について

昔は出産したら病院で血液型の検査をしてもらえるところがほとんどだったのですが、最近では赤ちゃんの血液型の検査をしている病院は少なくなってきています。

血液型を調べるには一般的にABO血液型検査が行われます。赤血球の表面にA抗原、B抗原を持っているのか、血漿中にA抗原、B抗原に対する抗体が形成されているかいないのかを検査し、その結果からA型、O型、B型、AB型と分けます。

ですが、赤ちゃんはまだ血漿中の抗体が作られていないですし、また母親から移った抗体が影響してしまい正しい結果が出ないことがあります。このような理由から赤ちゃんの血液型の検査をしない病院が増えています。

いつ頃検査すればいいのかですが、赤血球の表面のA抗原、B抗原の反応が十分得られるのが約1年後、さらに血漿中の抗体が出来上がるのが2年から4年と言われているので、4歳以降に検査すると確実な検査結果になりますよ!

 - 雑学