記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

声が小さい人には原因があった!その改善方法とは

2017.8.25

自分の声が小さいことで悩んでいる人はいませんか?

では、どうして声が小さくなってしまうのでしょうか?それって治すことはできるの?

そこで、声が小さい原因とその改善方法についてご紹介致します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

声が小さいのには、どんな原因があるの?

人は自分に自信がないときは、声が小さくなってしまうそうです。例えば、人前で話すのが苦手だったり、自分の発言によって相手に不快な思いをさせないか心配になったりもします。

また、自分のすることも全てに自信がない、なんて時にも声が小さくなってしまいます。確かに、毎日がイキイキしていて順調なときには、自信を持ってハッキリと大きい声で自分の気持ちを伝えることができますよね。

ですが、その声が小さいということを周りから言われ過ぎて、声が小さいことが悪いことだと思ってしまうのはやめましょう。

それにより、余計に自分に自信がなくなってしまいますよね。逆に、声が大きいことで疎ましく思われることもあるそうです。ですから、声が小さいことはあまり気にしすぎなくても良いでしょう。

声が小さい!その心理と原因について

声が小さい人の心理には、話している相手が怖いから声が小さくなってしまうことがあるそうです。これは、普通誰にでも起きると考えられる心理でもあります。

話している相手が怖いと、何か言われるのでは、怒られるのでは、と思ってしまうことでどんどん声が小さくなってしまうのです。声が小さい人には、観察力が鋭く、少し気が弱い人が多いかもしれません。

例え初対面の相手でも、人をよく観察しているため、この人は怖そうな相手だと察知すれば、自然と声が小さなってしまうのです。また、逆に声が大きい相手に対しても、苦手意識が働き、声が小さくなってしまうこともあるようです。

それから、声が小さい人は自分に自信がないことも原因のようです。自分に自信がないので、相手に自分の存在をあまり知られたくないという心理が働くことで、声が小さくなってしまうのだそうです。

失敗をしたくない、嫌われたくないなどという心理により声が小さくなってしまうのでしょう。

声が小さい精神的な原因に対する改善策

声が小さいことは、身体的な原因よりも、性格など精神的なトラウマやコンプレックスが原因によるそうです。そして、これらの精神的な原因によって声が小さいことへの改善策とはどんなことでしょうか?

まずは、医師やカウンセラーなどの専門家や、親身になってくれる友達や家族などに相談するのが良いでしょう。誰かに話をすることで、その精神的なトラウマやコンプレックスから解放されることでしょう。また、対人恐怖症あがり症などによって声が小さくなってしまうこともあります。

これらは、自意識過剰によるものです。自意識過剰の方は、繊細な方が多く、これは多くの経験を積むことによって変わることができます。また、克服するためには、医師やカウンセラーなどの専門家に相談するのも必要でしょう。

これらを自然と改善することができ、話すということにも自信を持てるようになることが大切でしょう。

声が小さい人にみられる特徴とは

声が小さい人にみられる特徴として、「内気で引っ込み思案」なタイプの人が多いでしょう。このような人は、人の前に出て目立つということが苦手です。ですから、人の前で何かを発表したり、スピーチをするなども当然苦手であり、通常の会話でさえも声が小さくなってしまいます。

相手に自分をアピールすることも苦手であり、できるだけ目立たないように生きていくことを望んでいます。また、人は強い緊張を感じたり、相手に恐怖心を持つことで、声が小さくなってしまいます。

普段からも声が小さい人とは、そうした緊張感を抱きやすい人かもしれません。誰かと話すときに、人一倍緊張をしてしまうため、声を出す声帯が委縮してしまうので声が小さくなってしまうのです。

その際に、相手に対して恐怖心を抱くと、より声が小さくなってしまうでしょう。声が小さい人にはこのような特徴がみられるのです。

声が小さいことへの改善方法

育った環境などにより、声が小さくなってしまった場合は、一緒に居る相手の話すトーンにより大きい声へと改善されることがあります。

気心の知れた友達と楽しく過ごすことで、気持ちも高まり自然と声にも力が入るそうです。声のトーンが大きい友達が周りにたくさん居ると、自然と小さい声も改善されていくでしょう。

また、育った環境などにより、声が小さくなってしまった方は、呼吸を止めたかのような話し方をします。

それは、空気や肺活量を使わずに、口先だけで音を集めて飛ばしているようなものなのです。ですから、声を乗せる空気の量や勢いを高めることによって、人の耳に届くような声の大きさへと改善してあげましょう。

しっかりと人に届くような声の大きさにするためには、吐く息の量を増やして、勢いよく声を押し出すようにしましょう。

 - 暮らし・生活