記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

幼稚園のママ友関係~誘われない人、誘われる人とは

2017.8.25

子供が幼稚園に入園すると同時にママ友との人間関係もスタートしますね。

ママ友との関係や幼稚園で誘われないことでお悩みの方もいることでしょう。

そこでは、なぜ誘われないのかなどまとめてみましたので、お悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

幼稚園のママ友に誘われないタイプとはどんな人?

誘われないタイプ

  • つまらなさそう=雰囲気が暗くて大人しそう、自分から積極的に話さない人
  • 関わりあいたくない=いつも大声で騒がしそう、悪口が大好物
  • 面倒くさい=自慢話が多い、察してちゃん、かまってちゃん

以上3タイプがあげられました。

ではどんなタイプの人が誘われやすいのでしょうか?

ママ友に誘われるタイプ

  • 明るく元気な人
  • 優しそうな人
  • 賢い人
  • 聞き上手だけど自分の意見も言う人

気が合う、合わないといった基本的な相性もありますが、話してみてこんなタイプであれば、もっと話してみたいと思われるようです。

私自身は、一人でいても平気だし、気になるママさんがいたら積極的に話しかけるようにしています。興味がないと話題が続きませんし、類は友を呼ぶって本当で、仲良くなれる人ってどこか自分と重なる部分があって、会話に苦労しなくても自然に話が弾みます。

あまり肩に力を入れず、気になる人がいたら話しかけてみてはいかがでしょう?

幼稚園のママ友に誘われないのが悩み。誘われる人になるには

誘われる人になりたかったらこの2つのことを実践してください。

  • 誘われる人の良いところを真似る
  • 誘われる場所に行くこと

この前、関東に住む妹と電話をしていて確認し合ったことがあります。

それはB型で気ままな姉の私と、A型で几帳面な妹に共通するのはどちらもあまり誘われない人だということです。

誘われない人というのは、学校のクラスや会社の同期、幼稚園のママグループなど集まりの中で、遊びやらランチに声をかけられない人を指します。でも自分から積極的に誘っていたので、まったく問題ありません。

でも毎回自分が誘ってばかりだと、たまには誘われたいという欲が出てきた私たち。そこで妹は誘われる人の真似をしてみたのです。いつも誰からも好かれる幼稚園ママを観察すると、彼女は話の輪の中でよく人の話を聞いて、笑顔でいたそう。

かなり頑張ってその人の態度を真似たら、いつのまにか誘われるようになってきたそうです。これ以外にも、自分がいいなと思う人がいたら、その人を観察して取り入れられる部分は取り入れる。これは自分にとってプラスになる人間関係構築の技です。

ちょっと注意!こんな人も幼稚園のママ友に誘われない

あまり自分の事を積極的に話したがらない人はいます。
聞き上手を目指しているのかもしれないけど、あまりにも聞き役に徹しているタイプだと、こちらが話題を振るのに疲れるし、何より楽しく会話のキャッチボールができない人とは積極的に仲良くなりたいとは思いません。

性格的に話し下手や控えめな性格だとしても、会話のテンションや話題の持ち出し配分が合わないと正直言って疲れます。嫌いではないけれど、距離を縮められないのです。こういったタイプの人は、残念ですがあまり仲良くなれないという印象です。

あとは、自分から誘わないくせに、誘って欲しい人はいます。その他には上のお子さんがいる人は、上の子のママ友を優先する場合もあります。

下の子は一緒に連れていけるから楽だと、上の子のママ友付き合いを最優先にしているのです。それでも下の子のママ友もいないと困るから、一応つながりは作っておきたいという気持ちが透けて見えると残念です。優先度が下なのがわかってしまうと、こちらも優先はできないです。

幼稚園のママ友関係が辛いと感じたときの解決のヒント

幼稚園ママの頭を悩ませるのはこんなことです。

ママ友ネットワークがすごすぎる

「子供の通う幼稚園のママ友たちは、お互いの学歴や旦那さんの勤め先まで把握しあっていて、ちょっと話したことがその場にいなかった人にも伝わっていて怖い!」

このような園ママ友のネットワークに悩む人は多いようです。できるだけ距離を保ってつき合いたいところですが、難しい場合は、せめて「あの人がこう言ってたわよ」と陰で言われないように言動には注意が必要です。

子供が仲良しのため、ママ友も親しくせざるをえない

「お迎えのあと、子供が仲良しの友達と遊びたがりますが、相手のママが苦手なタイプだと正直面倒です…」

幼稚園の間は、子供のそばに親がついていないと危険なので、あまり親しくない相手と長時間過ごすときには、会話がはずまなくて気まずい思いをしがちです。そんな時は児童館のイベントなど、会話がなくても成立する催しに参加するなども手です。小学生になれば、子供同士で遊べるようになるので、少しの辛抱です。

家にどのママ友を誘うか悩む

「誕生会を開くとき、誰を誘うか気を使います。逆にわが子だけが誘われないと結構凹みます」

というように、誘う友達選びは、多くのママを悩ませているようです。準備との兼ね合いで少人数しか誘えなくて悩むなら、「駄菓子バイキングでおもてなし」など、大人数を招く工夫をしたほうが気楽かもしれません。

幼稚園のママ友に誘われなくても大丈夫ですよ

幼稚園で顔なじみになったママさんと連絡先を交換したけど誘うのはいつも自分。そんなこと気にしていても意味がありません。

人にはそれぞれのペースがありますから、自分から誘えるようになるまで時間がかかる人もいます。自分が会いたいと思う相手なのですから、誘うのは自分ばかりでもぜんぜんいいと思います。実は私の場合もそう思えるようになるまでは結構時間がかかりました。

でもそう思えたら気持ちがずいぶん軽くなって、誘われる機会も増えてきました。自分からは誘うのが苦手な人って実際に結構います。誘ってばかりの人だって断られたらちょっとは凹みますよ、きっと。

私もですが、断られて「OK!また今度ね」と明るく返していますが、地味にブルーな気持ち入ります。誘われ待ち専門の方はぜひ自分からも誘ってみてください。きっと新しい道が開けますよ。

 

 - 人間関係・恋愛