記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

男性に結婚適齢期はあるのか?男性と女性の意見を比べてみました

2017.8.24

「結婚適齢期」という言葉。

少し前には良く耳にしましたが、今は働き方や生き方も多様化し、結婚したいと思う時が適齢期、というような風潮も見受けられます。

男性にとっての「適齢期」は、いったいいつ頃なのでしょうか。男性の意見や女性の意見、さまざまあるようです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

男性の結婚適齢期、将来のことを考えるなら

ある男性の意見をご紹介します。男性にも結婚適齢期というのはあります。男性が結婚に適した年齢という解釈よりは、結婚しておくべき年齢と考えた方が良いでしょう。

男性も、ある一定の年齢を超えると、結婚へのハードルが一気に高くなってしまうからです。若いうちは、プライベートは自分のやりたいこと優先で楽しみます。彼女がいても、男友達の方を優先することや趣味のスポーツに時間を割くという方も多いでしょう。

しかし、そんな状態で恋も終わり、年齢も高くなるにつれ、出会い自体もチャンスが少なくなり、気付けば周りの友人はみんな結婚しているなんてこともあります。

自分が遊び尽くしてから、結婚しようと余裕たっぷりでいると手遅れになってしまうこともあるのです。一生、一人で生きていく自信があるなら良いですが、そんなに強くいられる人も少ないですよね。できれば35歳前後くらいまでには、将来のことを見据えた人生設計をしたいものです。

男性の結婚適齢期、女性と男性の意見の違いは?

女性から見た男性の結婚適齢期は、男性が考える「30歳」と同じ結果でした。それぞれの意見をまとめてみました。

女性の意見

  • 仕事も充実してきて落ち着いてくる時期だと思うので
  • お金がそろそろ溜まってきていそうだから
  • 仕事もできるようになっていて、結婚を意識する頃だと思うので
  • 年齢とともに、落ち着ける場所が必要になってくる年だから

男性の意見

  • 仕事とお金に余裕が出てくる時期
  • 精神的にも経済的にも丁度良い頃だから
  • 収入面で落ち着く年だから
  • 収入が少し上がってくる頃だから

なども意見がありました。男女とも、「仕事」「収入」のバランスを考えての結果のようですね。

結婚を意識する瞬間はあるのか?

男性が結婚を意識した瞬間というのはあるのでしょうか。本人の気付かないところで人生観に大きな変化があったのかもしれません。

若い頃の恋愛は、どうしても理想を追いがちです。彼女はこういう人がいい、こうあって欲しい、というこだわりもあるでしょう。しかし、理想と現実は違います。夢に描いている理想の女性と、実際に生活を共にするパートナーというのは、必ずしも一致しません。

既に恋人がいる人は、年齢的なことを考え、籍を入れると言う人もいるでしょうが、それが落ち着くきっかけにならないこともあります。結婚すると、女性は家族優先でいて欲しいと思いますが、男性は結婚したからといって、すぐに家族優先になる人ばかりではありません。

結婚しても、家に家族を残し、友人と飲みに歩く人もいるでしょう。しかし、心境の変化で家庭を大切にするようになることもあるのです。

結婚を意識したなら積極的に動いてみよう

男性が結婚を意識したなら、まずは積極的に動きましょう。30代に入ってからなら、なおさらです。

そして、女性への対応に自信が持てないと言う方は、まずは理想を高く持ち過ぎずにたくさんの女性と話す機会を作りましょう。

女性と話すのが苦手、という方は「実践不足」ということも考えられます。やはり、慣れるためには数をこなすことが大事です。恋愛対象に考えてる人だけでなく、さまざまなタイプの女性と接する機会を持つと、女性に対しての苦手意識も自然と薄らいで行くでしょう。

男性で婚活を経験された方によると、その方は30歳を過ぎた頃から婚活を始めたそうですが、35歳になると一気に婚活が難しくなったと言います。

まずは、その男性は自分の見た目に限界を感じたと言います。見た目というのは個人差も大きいと思いますが、そろそろ頭髪にも変化が訪れ始めたり、お腹周りが気になるという方もいるでしょう。「老い」は止められないのです。

しかし、自分自身は「老い」を受け止められず、婚活で狙う女性は20代の女性。当然、上手くいかずに撃沈…。というパターンも多いのです。そして、この年齢で交際を始めるにしても、一般的にはある程度の交際期間を経て結婚の運びになりますよね。

今の年齢+交際期間があるのです。その点を考えても、早めに行動を始めることが大切です。

 - 暮らし・生活