記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

旦那にイライラする…。子なし夫婦のケースをご紹介!

2017.8.24

旦那にイライラする・・・。そんな時みんなはどうしてるの?

こんなところがイライラする!そんな時はこうしよう!お互いのいいところを探してみるのも大切なことです。

原因と解決方法は?子なし夫婦の場合も紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

子なし夫婦の旦那!イライラした時の方法!

イライラした時に、どんな事をしているのか聞いてみました。

イライラの原因を書きだす

自分は何にイライラしているのかよくわかっていない時があります。そんな時は文字にしてみることで、イライラの原因を冷静にみることが出来ます。あとで、話し合いになった時にもうまく伝えることができますよ。

旦那と一緒にテレビを観る

ちょっとした意見の食い違いからあまり良くない雰囲気になりましたが、どちらも居間からでようとしませんでした。仕方がないのでそのままテレビのバラエティー番組を観ていたのですが、可笑しくてつい笑い声をあげていました。なんと旦那も同じところで笑っていたので、笑いのツボが一緒でお互い笑顔になっていたことがありました。もし笑いにならなくても、テレビを観るということで意識が違う方に向くのでイライラを鎮めることが出来ると思います。

旦那にイライラしたら洗い物をする

洗い物が溜まっている・・・。イライラしながらも仕方なく茶碗洗いをしていたら、終わるころには何となくスッキリしていたなんてことはないですか?イライラも汚れも、キレイさっぱり流してしまいましょう。

子なし夫婦の旦那にイライラするのはこんなこと!

服を脱ぎっぱなしにする旦那にイライラする

これは、多くの奥様がイラっとするそうです。外から帰ってきた夫が、着替えるために脱いだ服をそのまま放置、ハンガーにかけたり洗濯物に出せばいいのに多くの男性が脱ぎっぱなしなんです。居間で脱ぎ散らかしお風呂へ直行するパターンや、玄関に入ったと同時に脱ぎはじめシャツや靴下、下着までもがあちらこちらに転々というパターンもあるそうです。「子供と同じ!あなたのママじゃないのよ!」と言いたくなります。

旦那がゲームやテレビに夢中でイライラする

夢中になり過ぎて、人の話を全く聞いていないのもイライラの原因です。男性は何かに夢中になると、他のことが一切耳に入らなくなってしまうことがあります。女性にはあまり理解が出来ません。時には生返事をすることがありますが、話の内容はわかっていません。大事な話ならなおのこと、イライラが溜まっていきます。

子なし夫婦が旦那にイライラしない方法。

旦那にイライラした時は、「幸せと感じるハードルを下げてみる!」という提案がありました。旦那がいるからイライラする。イライラの原因=旦那がいなくなったとしたらこんな感じではないでしょうか。

・旦那の給料が無くなる
・家に帰ってこない
・笑顔や笑い声がなくなる
・あなたに向けられる優しさや気配りが無くなる

これらが無くなったとしたら、あなたは心から幸せを感じることが出来ますか?ここで、自分が二人いるとして考えてみて下さい。一人は旦那の物足りないところばかり見つけて、感謝するかわりに求めてばかりのあなた。もう一人は、旦那の良い所にも目を向け感謝の気持ちを忘れないあなた。

どちらのあなたが幸せで、魅力的に感じるでしょうか?またどちらのあなたが旦那さんに愛され、大事にされるでしょうか?それを選ぶのはあなたです。相手に求め続け足りないところを探し続けるよりも、違った視点から相手を見つめなおすのはいかがでしょう?

子なし夫婦の離婚の流れ

離婚を考えている子供なし夫婦は、子供がいる家庭よりもスムーズに離婚しやすいといえます。まずは離婚までの流れをみてみましょう。

離婚したい気持ちを旦那に伝える

まずは夫に離婚話を切り出すことから始まります。離婚を考えているほど、辛い状況にあることを伝えます。大事な話ですのでアルコールの入っていないときに話しましょう。

離婚した後の計画を話し合う

離婚したあと、お互いが生活していくのにそれぞれ困らないように確認しましょう。あなたが仕事をしていない場合は、働き口を探しておきましょう。

旦那が離婚に応じてくれない場合

もし離婚に応じてくれない場合は、調停や裁判になってしまいます。この時調停ではすんなり離婚とはなかなかいかず、「もう少し様子をみては?」と言われることが多いです。旦那が浮気・不倫をしている、別居の期間が長いなどの理由があれば離婚しやすくなります。

子供がいない夫婦の旦那側の意見を紹介します

夫が再婚、妻が初婚、子供はいない夫婦の夫の意見を紹介します。

まず結婚する前に、年令や収入などを考えて子どもは作らないことを決めました。再婚の私が若い奥さんと結婚できたことに感謝して、前回の失敗をしてしまわないように毎日気を配って生活しています。妻がイヤがるような言葉や行動は慎んでいます。

夫が優しく親切にすることで、いらない夫婦ケンカの回数も減ると思っています。愛情を示し、奥さんが不安にならないようにするのが夫の役目だと思っています。子供がいる家庭といない家庭では、違いもあると思いますが、一度離婚の経験がある分、奥さんに優しく接することができるんですね。

 - 人間関係・恋愛