記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

注意!夫婦喧嘩をしない夫婦は離婚率も高くなる?

2017.8.23

夫婦喧嘩をしないのは良いことのように思えますよね。でも、「夫婦喧嘩を必要としない夫婦」は安心ですが、「夫婦喧嘩をしない夫婦」は危険なようです。

夫婦喧嘩をしない夫婦はどこが問題なのでしょうか?

時には本音でぶつからないと修復不可能な関係にまで発展してしまいますよ!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

夫婦喧嘩をしない夫婦の問題点とは?

喧嘩をしない夫婦っているの?と疑問に思う方も多いと思いますが、事実、喧嘩を必要としない夫婦は存在します。お互いを尊重し、理解し合える、喧嘩を必要としない素敵な夫婦はいるのです。

でも、あなたの周りにどのくらいそういった夫婦はいるでしょうか。そんな絵に描いたような夫婦って滅多にお目にかかることはないですよね。その代わり「喧嘩をしない夫婦」はそこそこいます。実はこれが一番問題なのです。では「喧嘩を必要としない夫婦」とどこが違って、何が問題なのでしょうか?

「喧嘩をしない夫婦」の多くはどちらかの一方が我慢している可能性が高く、自分の意見や気持ちに蓋をし、自分さえ我慢すれば喧嘩にならないという考えで生活しています。その状態が長く続くと、その場で喧嘩にならなくても小さな不満や我慢が積もりに積もって大きなストレスとなり、やがて修復できないほどの夫婦トラブルへと繋がってしまうのです。離婚の原因にもなります。夫婦喧嘩で言ってはいけないことがあります。それは、

  • 相手の両親や家族の悪口
  • 相手の人格を否定する言葉
  • 相手本人の力では変えようがない容姿

の3つです。感情的になって上記の言葉を言ってしまうと、夫婦間に深い溝が出来てしまいますよ。元々夫婦は他人です。たまの夫婦喧嘩は必要かもしれませんが、何でも口にしてしまうのは避けましょう。

結婚初期に全く夫婦喧嘩をしないと離婚率がアップする?

夫婦喧嘩が絶えないカップルは離婚率が高いですが、実は夫婦喧嘩をしないカップルも危険だって知っていますか?夫婦喧嘩と離婚率には因果関係があり、ある程度の喧嘩は結婚初期であればかえって夫婦の信頼を強くするそうです。驚きですよね。

夫婦喧嘩と離婚率について、アメリカの心理学者が調査しました。夫婦喧嘩の頻度と、その2年後の状況を追跡調査したのです。すると、結婚してから半年以内に夫婦喧嘩をしたカップルの方が、結婚当初に夫婦喧嘩をしなかったカップルよりも離婚率が低くなることがわかったのです。

結婚当初に喧嘩をすることで、お互いの本音をぶつけ合うことができ、その先も言いたいことをしっかり伝え合うことができる2人へと成長するのです。そういった心理的な効果が離婚率を下げると言われているのです。夫婦喧嘩は確かに良くありませんが、結婚初期によくあるいざこざは必要不可欠なのかもしれませんね。

夫婦喧嘩をしないのではなく、素直な感情を相手に伝えることも必要

どんなに理性をもって主張していても、その裏にあるのは「感情」です。夫婦喧嘩は、どちらか一方、またはお互いが自分の主張を相手にするところから始まりますよね。

「こっちが正しいでしょ!」「こう考えるのが一般的だ!」などと、理性で自分の正当性を主張しているかのように聞こえますが、その裏には「自分が考えていることを理解して欲しいのに、それを受け入れてくれない」という苛立ちの感情が隠れているものなのです。

感情の赴くままお互い言い合いを続けてしまうと、何が問題で何を解決したらいいのかもわからなくなるときもあるでしょう。でも時には、悲しかったことや辛いことなど、自分の素直な感情を相手に伝えることも必要なのではないでしょうか。

自分が抱えている感情を隠し、理性で相手を自分の思うようにしようとせず、素直な気持ちで相手と向き合ってみては?

夫婦喧嘩を防ぐ会話テクニックとは?

夫婦喧嘩をしてしまうと、その日一日嫌な雰囲気で過ごす事になってしまいますよね。夫婦仲良く、時には小言を言ったり言われたりしても、喧嘩をしないことに越したことはありません。夫婦喧嘩は、女性が上手に話す事である程度防げます。それはどうしてなのでしょうか。

夫婦喧嘩の多くは、「会話が成立しないこと」が原因で起こります。なんでも話し合え、ちゃんと不満を伝えていればストレスも溜まらず夫婦喧嘩になりません。でも、会話をしない、会話にならない状況が続くと、溜まった不満がある時爆発して大喧嘩になってしまいます。

女性は感情的なのでヒステリーを起こしがちですし、話し方も上手くありません。それに対し男性は、女性に色々言われると沈黙しがちですし、何より聞き方が下手です。夫婦喧嘩を防ぐ、女性が気を付けたい会話のポイントは、

  • 不満を突然ぶつけない
  • 不満やお願い事は優先順位を付けてわかりやすく話す

の2つです。ひとつずつ話し、「私はこうだったからこうして欲しい」と説明するといいのです。

一方の男性側も、黙り込むのはやめましょう。嘘でも「しっかり聞いていますよ」という姿勢をアピールしましょう。女性の意見を否定せず、受け止めるくらいの気持ちで聞いてあげることが大切です。とにかく言いたいことは言わせておくというスタンスも大事です。

妻の行動一つで夫婦喧嘩もなくなる!?その方法とは?

思いやりを持って優しく接してあげよう

喧嘩ばかりしてしまう夫婦だと、家庭内もいつもピリピリした雰囲気に包まれてしまうものです。そんな雰囲気だと、何気ない会話でも言い方ひとつでお互いカチンときてしまい、喧嘩の火種になってしまいます。

夫の言葉にイラッとしてもここはグッと我慢。とにかく相手に思いやりを持って優しく接してあげるのです。それを続けると、だんだん夫もあなたに対して優しくなってきます。

■夫を優先してあげる

小さな子供がいると、何をするでも自然と子供優先になりますよね。どの家庭も同じです。夫に対しても「今忙しいの!」「後にして!」とつい言ってしまうものです。そう言ってしまう気持ちもわかりますし、子育ては大変なので子供優先してしまうのは当たり前です。

ですが、これからは夫を優先してみてはどうでしょうか?子供には「パパの用事が先だから少し待っててね」と声掛けしてみるのです。そうすることで、子供も父親に対して「パパは一番偉いんだ」という印象も付きますし、尊敬もします。夫も自分を優位に立たせてくれることで、妻に対して感謝するようになるのです。

 - 人間関係・恋愛