記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

家庭内別居中に悩む休日の過ごし方、夫婦のあり方を考える

2017.8.23

家庭内別居中の夫婦が悩むのが、休日の過ごし方です。平日はお互い忙しく顔を合わせることがなくても、休日となれば別です。

家庭内別居をしている夫婦の休日の過ごし方は?おすすめは?イベント時の過ごし方は?

実際に家庭内別居をしているご夫婦の休日の過ごし方などもご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

家庭内別居をしている夫婦の休日の過ごし方は?

家庭内別居を続けている夫婦の休日をご紹介します。

「年を取るごとに、夫とは性格が合わないと強く感じています。たぶん元から合わなかったのでしょう。お互い無理矢理合わせていたのかもしれません。一年前くらいから私が夜働きに出るようになったので、夜主人と顔を合わせるのは週に3~5日。それも主人が帰ってきてから1時間くらいで私が仕事に出かける感じです。朝も2時間くらいしか顔を合わせません。ちなみに休日は家族とずっと一緒に過ごします。家庭内別居と言えるかどうかわかりませんが、顔を合わすとお互い喧嘩になるので、このくらいがちょうどいいのです。多いくらいです。」

「休日なんて別々です。生活するために利用しあっているだけの関係なので当然です。子供たちが小さいうちは家族揃ってお出かけすることもありましたが、子供たちが大きくなればそれも無くなりますし、何かある時以外は完全別行動の仮面夫婦です。相手の予定も興味ありません。気兼ねなく趣味を楽しめますし、新しい人間関係もできとても楽しく過ごしています。お金の自由が利かない以外は独身と同じような感じです。平日も別室で過ごしています。」家庭内別居の休日は、子供の年齢によっても過ごし方が変わるようです。

家庭内別居中の人におすすめの休日の過ごし方は?

■運動をする
ウォーキングやプールなどで日頃のストレスを発散してみては?運動をすると不思議と嫌なことも忘れられます。健康維持にも繋がるのでおすすめです。

■図書館へ行く
特に夏は涼しいのでおすすめ。お金も掛かりませんし、知らないことをたくさん学べるので知識や教養を深めることができます。

■電車で遠くへ行く
通勤に定期を使っているのであれば、最寄り駅までは定期で入ることができますよね。その後は、会社とは反対方向へとにかく遠くへ行きます。電車で2時間もすれば相当遠い所へ行けますよね。景色を見ながらぼーっとすれば嫌なことも忘れられます。健全な家庭の方からすると暇人に見えると思いますが、家庭内別居をしていると、たまには遠くへ行きたくなるのです。休日は1人で当てもなく遠くへ行ってみては?

■献血に行く
社会貢献にもなります。私はコツコツ続けて、気が付けは累計25回にもなりました。ジュースなどももらえますよ。

家庭内別居中の休日、イベント時の過ごし方は?

家庭内別居中に困るのが、お正月やクリスマスなどのイベント時ですよね。離婚になるかどうかを話し合っているような状況下で年末年始がやってくると、どう過ごすべきなのか悩むでしょう。

もしまだ離婚までは考えておらず家庭内別居をしているのであれば、お正月くらいは嫌々でも両家へ挨拶へ行くべきではないでしょうか。毎年お正月にお互いの実家へ挨拶に行っているのであればなおさらです。

既に離婚を決めている場合の家庭内別居であれば、両親にそのことを正直に話し、それぞれの実家へ帰るといいでしょう。両親もお正月に1人で帰ってきたら状況を悟ってくれるでしょうし、万が一離婚しても心の準備ができるものです。

そのようにした方が、お互いスッキリとした気持ちで新年を迎えれますよね。家庭内別居中にお正月やクリスマスなどのイベントが入るのは辛いものです。夫婦2人だけならまだマシですが、子供がいる場合は家族で楽しいことをしてあげたくなりますよね。

もし子供がいるなら、頑張ってその日くらいは家族で過ごせるように努力してください。あなたがクリスマスの料理を準備してご主人がケーキを買い、家族みんなで食卓を囲むだけでも子供たちは喜びますよ。

休日の過ごし方、おすすめは家庭内別行動?

家庭内別居とまではいかなくても、家庭内別行動もいいのでは?夫婦関係が長く続くには、夫や妻の自由時間も必要不可欠です。そのためにも夫と妻がよく話し合うことが大事ですし、家庭のルールを決めておくといいでしょう。

例えば、
・休日は夫を朝早く起こさない。思う存分寝かせておく。
・休日は夫に頼らず子供と一緒に出掛ける。
・夫の趣味に口出ししない。
・ママ友とのランチや遊びに行くことに罪悪感を持たない。
・疲れたり体調が悪くなるのはお互い様。家事をサボっても文句を言わない。
・別行動の日も夕飯だけは家族で一緒に食べるようにする。家族の時間を持つ。

別行動をした分だけ夫婦の会話も弾みます。リフレッシュもできますし、自然と喧嘩も減りますよ。夫側も一人時間をゆっくり過ごす事で、次の日の仕事も頑張れるのでは?夫婦は子供の親としての責任はありますが、それ以前に個々の人間です。一人の時間や空間を大事にすることも夫婦関係が長続きするコツなのです。

休日も別に過ごす家庭内別居中の夫婦が関係を修復するには?

家庭内別居となり仮面夫婦になってしまう原因。それは、目の前のトラブルを相手のせいにしてしまうことです。こうして欲しい、ああして欲しいと常に不満を持つ状態が続くのです。これは夫婦生活が長いほど思ってしまう傾向にあり、1つあった不満が2つ3つと増えていくのです。

性格や価値観は簡単に変えることはできません。相手は何十年もそうやって生きてきたのですから。発想を転換してみませんか?

相手を変えることができないのであれば、自分を変えればいいのです。自分の価値観を抑え込んで相手に合わせるのではなく、2人の価値観の違いを認めるのです。すぐには難しいかもしれませんが、価値観の違いを理解することで、相手から言われた言葉の受け止め方もかわりますし、あなたが発する言葉も変わるはずです。

あなたが笑顔で話せば、相手も笑顔で返す可能性も高くなります。相手に与えていないものを自分がもらえると思うのは間違いです。

 - 人間関係・恋愛