記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

乾燥剤のシリカゲルとはどんな物?使用期限や再利用方法とは

2017.8.22

食品やお菓子の袋には乾燥剤の「シリカゲル」というものが入っています。この「シリカゲル」、使用期限はあるのでしょうか?

また、シリカゲルは再利用できるのかも気になりますよね!

乾燥剤として利用されている「シリカゲル」の使用期限や気になる再利用についてまとめてみました!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

お菓子などに入っている乾燥剤、シリカゲルに有効期限はある?

お菓子や食品の中には乾燥剤が入っています。この乾燥剤として利用されているのが「シリカゲル」です。シリカゲルはビーズのようなもので色は透明、青い粒が混ざっているものもあります。

シリカゲルの効力は色でわかります。シリカゲルの色がピンク色に変色してきている時は乾燥剤としての効果が弱まっています。シリカゲルの色が変わるのは、粒の中に水分の量で色が変化する「塩化コバルト」を混ぜているからです。シリカゲルは加熱をして乾燥させれば何度でも再利用することも可能です。

シリカゲルのほかにも「生石灰」も乾燥剤として利用されています。生石灰はシリカゲルよりも少し粒が大きく「禁水」という表示があります。生石灰は粒が粉上になってしまうと効果がなくなります。こちらは再利用することが出来ませんが、成分はグラウンドのラインを引くときに使う石灰と同じものですので有害ではありません。

乾燥剤はシリカゲル以外にもあるの?乾燥剤の種類や使用期限は?

■シリカゲル
密閉されている袋や容器の中の水分を吸収して内部を乾燥させる働きをしてくれます。成分の99パーセント以上が二酸化ケイ素で、水分を吸収する効果が弱くなってきても再加熱することで再度利用することが出来ます。

■石灰乾燥剤
コストが低く吸収力があることで多用されています。強いアルカリ性の酸化カルシウムという生石灰が主な成分です。生石灰は水分に触れると熱を発生させてやけどをしてしまう恐れがあります。皮膚に付着させることを防いで目や口には絶対に入れないようにしましょう。乾燥剤としては再利用することが出来ません。

■脱酸素剤
脱酸素剤は還元鉄で出来ていて、密閉されている袋や容器の酸素を減らして食品の湿気被害を予防する働きをします。使い捨てカイロと同じ成分で出来ています。シリカゲルのように再利用することはできませんが、脱酸素剤が入っていた食品の賞味期限と同じ使用期限ですので、期限内の脱酸素剤は乾燥剤として使うことが出来ます。

乾燥剤のシリカゲルは再利用可能!使用期限はほとんどありません

シリカゲルは一度吸湿力がっ弱まっても加熱することで再び吸湿力が蘇ります。シリカゲルを袋から取り出してフライパンなどで煎ると、ピンク色に変色していたシリカゲルの粒が再び元の色に戻ります。シリカゲルがピンク色に変色していたら、加熱して再利用してみましょう。

再利用の手順についてご説明します。

  1. シリカゲルを袋から取り出してフライパンに入れる。
  2. 弱火で加熱し、ピンク色から元の色に色が変わったら火を止める。
  3. お茶のパックなど、布製の袋に入れて再利用する

フライパンで加熱する方法をご紹介しました。電子レンジでも出来ますが、急激な加熱でシリカゲルが破裂する恐れがありますので、電子レンジを使う時は注意が必要です。

【再利用後の使い方】

  • 調味料などの瓶や袋に入れて品質を良くし、砂糖など固まってしまっていても元の状態に戻せる
  • 靴、シューズボックスの臭いを取る
  • ジュエリーボックスに入れて錆防止として使う(工具でも使えます)

水没したスマホにも使える!肥料にもなります!

シリカゲルはスマホの水没後にも役立つ

シリカゲルは水に落としてしまったスマホの応急処置としても使えます。スマホを水に落としてしまった場合は修理に出すことになりますが、まずその前にシリカゲルで応急処置をしてみてください。

1.スマホの電源を切る
2.外側の電池パックカバーを外して水気をふき取る
3.外せる部品を全て外す
4.シリカゲルを密閉できる袋に入れる
5.シリカゲルが入った袋にスマホと部品を入れて半日~1日放置しておく。

このようにしておくと、シリカゲルが細かい水分を吸水してくれてスマホが復活する可能性があります。

石灰乾燥剤は肥料にもなります!
石灰乾燥剤は再利用出来ないと思っている方もたくさんいると思います。ですが、湿気を吸収して「消石灰」に変化した石灰乾燥剤は肥料として再利用することが出来るのです。石灰乾燥剤は土壌hpを酸性からアルカリ性へと変えてくれます。

それだけでなく、カルシウムを補ってくれる効果もあるのです。石灰乾燥剤を土に混ぜてよく混ぜ合わせて使用します。この時、まだ吸湿効果のある生石灰の状態だと水分を吸湿して熱を発生させてしまいます。軍手などをしてやけどの予防をするようにしましょう。また、誤って吸い込んでしまわないように気を付けましょう。

シリカゲルのおすすめ再利用方法!

シリカゲルは位置を効力を失っても加熱をすることで再利用することが可能です。食品や調味料の湿気を取って長持ちさせてくれるだけでなく、靴や衣服の湿気を取り除く効果もあります。シリカゲルを使って食品や衣服を長持ちさせることが出来れば節約にもつながりますね!

また、シリカゲルを使えば綺麗なドライフラワーを作ることも出来るんです!ドライフラワーの作り方はとってもカンタン!ドライフラワー用のシリカゲルと大き目の密閉出来る容器を用意します。容器の中にシリカゲルを敷き詰め、その上に花を入れます。この時、花弁が平面の物は下向きにおき、バラのように立体的なものは上向きにおきます。

花弁がたくさんある花の場合は、花弁の上にシリカゲルを優しく乗せておきましょう。その後、花の上にシリカゲルを少しずつ入れて花が見えなくなるまでかぶせます。シリカゲルを敷き詰めた後は容器のふたを閉めて2、3日放置します。これで色が綺麗なドライフラワーを作ることが出来ます。

 - 雑学