記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

母子家庭の子供の性格に特徴はあるの?よく見られる特徴とは

2017.8.21

最近では母子家庭の家も珍しくはありません。お母さんが一人で頑張って子供を育てている家もたくさんあります。

母子家庭で育った子供には共通した特徴があるのでしょうか。
父親がいないことが性格に与える影響や、ほかの子との違いについて調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

母子家庭の子供に見られる性格の特徴とは

母子家庭で育った子供には、以下の特徴が見られると言います

過剰に甘える?

いくら母親が愛情をたくさん注いで育てていても、子供の父親がいないことは事実です。このことは子供に大きな影響を与えてしまいます。甘えられる相手が母親しかいないので、父親に甘えることが出来ない分、異常に甘えてくるようになります。これは仕方のないことなのですが、大人になってもこういう行動をとる場合は色々な問題が起きる可能性があります。両親が離婚した時期が子供の物心がついてからだと、この傾向が強いです。

攻撃的になる?

母子家庭の場合、生活をする為に母親が外で働くことが多いです。色々な援助もありますが、子供を育てるためにも仕事をします。その間子供は一人で寂しい思いをして待っています。このことがストレスとなり、周りにあたってしまう子供もいます。学子供の寂しい気持ちに気が付いてあげて、その後どう対処してあげるかが大切になってきます。

母子家庭の子供と両親がいる子供との性格の違いは?

両親がそろっている家庭と母子家庭では、子供の性格に違いが出るのでしょうか?二人の意見をご紹介します。

  • 旦那がシングルマザーの子供で、私は連れ子を連れて再婚しました。夫を見ていて感じることですが、特段何も変わりません。両親がそろっていてもいなくても、旦那を見るかぎりでは何も影響はないように思います。ただ、旦那は自分には父親がいなかったので、父親というものが分からずに悩む時期があったようです。母子家庭であろうとなかろうと、しつけの方針や育児にかかる時間はそれほど大差ないと思います。両親がそろっていても、手をかける時間がない家もありますから。
  • 私は母子家庭で育ちました。今は昔と比べたらそれほど珍しいことではないように思います。両親がそろっているのがいいのかどうかは、一概にはなんとも言えません。いない方がいい場合もあると思います。親の人数よりも、親がどうやって子供を育てるかで子供の性格が変わってくると思います。だから、母子家庭とそうでない家庭の子供は何も変わらないと思っています。

母子家庭で育った子供の性格は?男の子の特徴

母子家庭で育った男の子は、周りの子に比べて精神的に大人のことが多いです。

  • 母親に心配をかけたくない
  • もしもの時は母親を自分が守らなくてはならない
  • 迷惑を掛けたくない
  • わがままを言わない

自分の生活している現状を考え、精神的に大人になるのが早いと考えられます。こういう男性が恋人の場合は、喧嘩をしても大人の対応で対処してくれると思います。

また、結婚に対してあまり理想を抱かない傾向にもあります。両親がいつも喧嘩をしていたら、自分の結婚生活にもあまり興味がなくなってしまいます。両親が仲の悪い姿を見ていたため、幸せな結婚生活をイメージできないのです。両親が喧嘩する姿から「結婚なんてこんなものか」と思い、結婚願望があまりなくなってしまうこともあります。

母子家庭で育った子供の性格は「我慢強い」

一言で「母子家庭」と言っても、兄弟がいたり祖父母と同居していたり、その状況は様々です。これからするお話は母親と子供二人だけで生活している場合の話です。

母親が仕事に行っていると、母親が仕事から帰ってくるまでは一人で過ごすことになります。

学校から帰って、友達を遊んで家に帰ってきてもそのあとは母親が帰宅するまで一人で過ごします。母親の帰りが21時、22時と遅い場合、一人で夕食を済ませ、一人でお風呂に入ります。こういった寂しさにも慣れてしまうと、我慢強くなります。

また、自分の為に必死に働いている姿を見て、我慢をしてしまうこともあります。我慢強い子は「いい子でいなきゃ!」という想いから、ストレスも溜めやすくなってしまいます。

母子家庭かどうかは関係ない!躾で子供の性格が変わる!

子供の性格は親の躾で変わってきます。子供を育てる時、躾について考えながら子育てをしましょう。子供は親のいうことに従うべきと考え、厳しいしつけをする家は消極的で温和な性格の子供が育ちます。社会にはきちんと適応できます。

過干渉で神経質な親に育てられた子供は、いつまでたっても自分のことが出来ずに、臆病に育ってしまいます。保護的な親に育てられた子供は、親切で思慮深く育ちますが、社会性が弱いことがあります。子供を甘やかしてしまう親は子供をわがままに育て、神経質にしてしまいます。

自分の意思をはっきりと言えない親の場合は、乱暴で神経質な子供を育ててしまいます。自分の子供に興味を持てない親の場合は、感受性のない、冷酷・乱暴・情緒不安定の子供を育ててしまいます。

子供に冷たく接してしまう親に育てられると、神経質で孤立しやすい子供が育ちます。民主的な態度で子供に接する親の場合は、子供の自発性や自主性を伸ばし、とても好ましい性格に育ちます。こういったことからも分かるように、子供の性格は育てる親の性格や態度でも変わってきます。母子家庭だから、両親がそろっているからということだけが原因で子供の性格が変わるとは言い切れません。

 - 子育て・学校