記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

靴の正しい選び方!レディースで歩きやすい靴を探すポイント

2017.10.28

靴の選び方、わかっているようで実は正しい選び方をしていないという方も多いようです。

何足かある靴でも、履きやすい靴や、日常よく履く靴というのは決まってきますよね。

買ったけどあまり履いていない靴というのは、誰しもあるでしょう。

歩きやすいレディース靴を選ぶポイントをご紹介します。

こんな記事もよく読まれています

歩きやすいレディース靴の3つのポイント

旅行に履く靴を選ぶポイント

何と言っても歩きやすさ。
長時間歩いても疲れないということが大切です。

たくさん歩いても疲れない靴というと、ウォーキングシューズを一番に思い浮かべますが、ちょっと、見た目がカジュアルすぎると感じる方もいるでしょう。
歩きやすさも大切だけど、デザインも重視したいと思うあまり、旅先で痛い思いをするのは避けたいところ。

おしゃれと歩きやすさ、両方叶えられる靴はどのような物なのでしょうか。

失敗を繰り返してわかった3つのポイント

靴底が平らで厚さのある靴

柔らかい素材を使った靴

つま先とかかとがフラットに近い靴

この3点に気を付けて選ぶと、おしゃれな靴でも足が痛くならずに旅行を楽しめると思います。

歩きやすいレディース靴を探したい。どの時間帯がいいの?

歩きやすい靴を選ぶ時には、靴を買う時間帯にも気を付けて下さい。
足のサイズは、一日の中でも微妙に変化します。
足がむくみやすいという人の中には、朝と夜の靴のサイズが1㎝ほど変わってしまうという人もいます。

昔から、靴を買うのに適した時間は、夕方が良いと聞きます。
午前中に靴を選ぶと、夕方仕事が終わってからのむくんだ足だときつくなってしまうからと言いますよね。

そうすると、朝や昼間は靴が少し大きい状態で過ごすことになります。
確かにきついよりは大きい方が履きやすいですが、靴の中で足が動いてしまうと、逆にケガの原因になったり、擦れて痛みが出たりすることもあります。
また、整形外科で足のトラブルを訴える方の中には、大きい靴を履いていることによって足が広がり、土踏まず平らになったり、外反母趾になるという方もいるようです。
大切なのは靴と足とのフィット感です。

では、靴を買うのに一番適した時間と言うのはいつ頃なのでしょうか?
それは、靴を履いている時間が長い時間に買うのが良いと言われます。

通勤の時間が一番長いという方もいるでしょうし、営業職の方でしたら日中に長い時間履いていると思います。

その時間帯で靴を選んでみましょう。

レディース靴で歩きやすいヒールの高さは?

ヒールが7cm以下の靴を選ぶ

普段から高いヒールを履きなれている方なら7㎝以上の高いヒールでも履きこなせるかもしれませんが、それ以外の多くの方には高さが7㎝以下の靴をおすすめします。
ヒールの実感としては、7㎝を超えると一気に違いを感じます。
さらに、そのヒールが細いデザインのものだと、安定感がなく、足により負担が掛かります。
もし、少し高いヒールが履きたいという時には、ヒールの太さにも注目しましょう。
同じ高さのヒールでも、太さによって歩きやすさが格段に違います。

ヒールの高さは全体のバランスを考えて

小柄な方はヒールが高ければ高いほど良い、というのは間違った選び方です。
背を高く見せるために、高過ぎるヒールを選ぶと、足元が協調され過ぎて靴が浮いたように見えてしまうことがあります。

逆に背の大きな方は、大きくなるのが嫌だからとヒールの低いものを選びがちですが、全体的なバランスを見た時に、もたついた印象になってしまうこともあります。

靴を選ぶ時には、全体的なバランスを見て、スタイルアップできる靴を選びましょう。

歩きやすい靴を選ぶときは「土踏まず」と「かかと」をチェック

靴を選ぶ際に気を付けて欲しいポイントは、土踏まずとかかとのフィット感です。

靴を履いた時に、土踏まずに靴底が当たっていますか?
体重を土踏まずでしっかりと支えてくれる靴は、足裏全体にバランスよく力がかかり、足に負担が掛かりません。
土踏まずの下にすき間があったり、カパカパした感じのする靴は避けましょう。

他にも、かかとのフィット感も重要です。
かかとも、側面などにすき間がなく、自分の足にピッタリと合っていることが大切です。後ろにすき間があったり、靴の幅が自分の足より広いような時には、歩いていてもかかとが動いて、歩きにくくとても疲れます。

「土踏まず」と「かかと」に気を付けて靴を選ぶと失敗が少ないでしょう。

 

 - 美容・ファッション