記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

結婚できるか不安になる女子、24歳は第一次結婚願望期だった

2017.9.4

独身女性の中には、将来結婚できるか不安に感じる人は多いでしょう。その不安はどうやら、24歳で一度訪れる方が多いようです。

周りでチラホラと聞こえてくる「結婚」に対して焦りも感じてしまいます。

不安に思うのは、あなただけではありません。そんなお年頃なんです!結婚に対する女性の心理を探ってみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

結婚できるか不安に感じる、24歳に訪れる結婚への不安

学生時代から交際をしているカップルは、24歳頃には結婚をするという人も多いでしょう。周りの友人でも、数人籍を入れるカップルなどがいれば、どうしても自分と比べてしまいがちです。このような状況から女性の第一次結婚願望期は24歳前後に来ると言われます。

でも、自分は自分、人は人。まだまだ焦る必要はありませんよ。若さもあるし、出会いのチャンスもたくさんあります。また、この時期に結婚をする人の中には、オメデタ婚のカップルも多く、逆に独身の方が羨ましいと感じる人もいます。

24歳の第一次結婚願望期から3年後の27歳。この27歳に再び、結婚したい願望、第二次結婚願望期が訪れます。

女性も仕事でのやりがいを見つけ、会社で必要な人材となっている人もいます。しかし、今の時代、安定した収入をずっと得られるかどうかはわかりません。派遣社員や契約社員、アルバイトも多く、自分の将来に不安を感じる人も多いですよね。

自分の将来の収入に不安を感じると、結婚して安定した生活を送りたいというような方向へ向かい、結婚に対して焦りを感じるようになるのです。

24歳の女子、結婚できるか不安に思っている人は実は多い

自分はこのまま結婚できないんじゃないか。漠然と不安に陥いる人は少なくないと思います。

こんな不安を感じているのは、自分だけだと感じている方。そんなことはありませんよ!今は結婚した女性の中にも、独身の頃には同じような不安を抱えていた人がとても多いようなのです。

20~30代の既婚女性に、『独身の頃に、このまま結婚できないかもしれないと不安に感じたことはありますか?』という質問をしてみました。

結果は『ある』と答えた人が68%もいたのです。予想よりも多いのではないでしょうか。独身女子には、励みになる結果です。「結婚できないかも」と感じた理由も聞いてみました。

  • ひとりの生活が楽で恋愛に対して積極的ではなかった
  • 職場での出会いも少なく、周りの女性の先輩達も未婚の人が多かったから
  • 20代後半に長く付き合った彼氏と別れてしまったから

しかし、このような状況からも、晴れて花嫁になった人はたくさんいるのです。

結婚できるか不安を抱える24歳、悩みの対処法は?

恋愛や結婚に対しての悩みなど、女子に悩みは尽きません。このような時には、皆さんどのように対処しているのでしょうか。悩み多き女子にアンケートをとってみました。

【1位】同性の友達に相談する
【2位】美味しいものを食べに行く
【3位】趣味に打ち込む

という結果になりました。やはり王道は、美味しいものを食べながらの女子会がストレス発散の場になるということでしょうか。

周りの友人が結婚したとか、ママになった、という話を聞くと、何も変わってない自分が周りからどんどん取り残されていくようで不安になる気持ちもわかります。

しかし、焦るばかりではマイナスです。これからの結婚へ向けて、しっかりと相手の男性を見極める目も磨き、本当に信頼できる男性を探しましょう。

「結婚」に支配され過ぎないことも大切

年齢と共に結婚に対する焦りも大きくなりますよね。『結婚』を早くしたいと思って結婚をすると、結婚後何か大きなトラブルが起きた時などに、「どうしてこの人と結婚しちゃったんだろう」という感情がわきやすくなってしまいます。

本当に大好きで、「この人とならどんな困難も乗り越えられる!」という人と結婚できていれば良いですが、そうでない場合はその壁は乗り越えられないかもしれません。

既婚女性への質問で、「1番好きな人と結婚できましたか?」と聞くと、意外にも「2番目に好きな人と結婚した」という答えが多いのです。すごく大好きな人がいたけど、その人とは結婚できなくて2番目に好きだった人と結婚したという人の多さに驚いたことがあります。

結婚をしたいがために相手を探すのではなくて、本当に大好きな人と結婚する、という思考にチェンジした方が、実際に結婚してからの生活は上手くいくことが多いでしょう。

結婚はゴールではなく、始まりでもあります。長く生活を共にする相手なので、一時の焦りで相手を選ぶのは禁物です。

自分が理想と感じる相手ばかり選んではいませんか?

なかなか理想の相手に巡り合えないと嘆いている方の中には、理想を高く持ち過ぎている方はいませんか?

極端な面食いや、年収は最低でも○○○万円以上、など恋愛や結婚の条件のハードルを高くし過ぎているのかもしれません。

婚活パーティーなどで多くの人との出会いがあっても、条件に合う男性はほんの一握りになってしまいます。条件に合わなくても、誠実さがあったり優しさがあったり、魅力のある男性はきっといるはずです。

そのような魅力に気付ける前に、恋愛対象から外してしまっているのではないですか?

恋愛には謙虚さも必要です。相手に理想ばかりを追い求めていると、本当の人間性を見抜けなくなってしまいますよ。

 - 人間関係・恋愛