記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

結婚20年目の夫婦はどんな生活してる?実態を調査!

2017.11.10

テレビに出ている芸能人の結婚20年目の夫婦仲良く見えませんか?

一般人の結婚20年目の夫婦はどうなの?本当にみんなあんなに仲良く暮らしているの?

熟年離婚が増えている日本で結婚20年目の夫婦の実態について調べてみました。

こんな記事もよく読まれています

結婚20年目の夫婦ってどのような感じなの?

結婚してから今月20年目になります。夫と私の性格は全然違います。それがお互いに刺激になり「このように考えるんだ」と自分以外の人の考え方がわかるいい機会になっています。

結婚後から海外で生活しているのでそれが良かったのか、すごい喧嘩としても仲直りをすること出来ました。20年も一緒にいると浮気に近い事もあり、何もなかったわけではありません。このようなことがあったのですごく夫を怒ってしまうこともありますが、今は関係をよくしようとお互いに助け合っています。

私も結婚して20年以上経ちます。子供達もみんな社会人になり主人と猫と暮らしています。一緒に住んでいるけど、興味も趣味も合いません。食事中もスマホの夫。食事中の会話もなく食事が終わると自分の部屋に行きます。今更離婚をする気はありません。ペットの猫だけが生きがいです。私の周りの友人たちもこのような感じです。今の生活が幸せとは言えませんが、仕方ありません。

結婚20年目の夫婦が熟年離婚を考える理由とは?

結婚20年目の夫婦が離婚を考える理由は価値観の違い

熟年離婚の原因、理由として多いのが価値観の違いです。価値観の違いは他人からはわかりずらいことが多く、基本的な考えが相手と合わないことです。
熟年離婚を関変えている人達が結婚した時は、今のように離婚する人がいませんでした。ですので離婚を遠慮していた人が多くいました。本当は結婚した時から考え方の違いに気が付いていたけど、ずっと我慢していました。でも考え方の違いを一生我慢することは出来ないと思って離婚する人もいます。

結婚20年目の夫婦なのに性格の不一致で離婚する

熟年離婚には性格が合わないことを理由にする場合もあります。結婚した時から性格が合わないことがわかったいても、我慢している場合もあれば、生活をしていて相手を大切に出来なくなったり、今までは相手の嫌な所を許すことが出来ても突然許せなくなってしまうこともあります。

結婚20年目の夫婦「磁器婚式」とは何をするの?

磁器婚式の由来でもある磁器。薄いのに耐久性がいいのが特徴になります。高温で何週間もかけて窯で焼いていきます。長く使うことによって風合いや色が変わり、生活に馴染んでいくのも磁気の特徴になります。磁器婚式とはこの「磁器」のように簡単にはこわれない固い絆、長い間過ごしたからわかる夫婦としての大切さを表しています。

磁器婚式に贈るプレゼントはどんなものがいいの?

「バウリニューアル」はどうでしょうか?バウリニューアルとは誓いの更新という意味です。改めて夫婦として過ごすことを誓い合いましょうということになります。ヨーロッパやアメリカで始まったイベントで日本でも少しずつ広まっています。

詳しく説明すると、バウリニューアルは結婚式と同じ流れになります。神父の話を聞いて、夫婦で誓約書の名前を書きます。熟年離婚という言葉が広まりつつある現代。これからも夫婦で一緒に協力して困難を乗り越えていくという気持ちを固めるためにもおススメの行事です。

是非結婚20年目の結婚記念日に磁器婚式でこれからの誓いをしてみませんか。

結婚してどのくらい経つと夫婦の危機は訪れる?10年目?

10年と言うとかなりの年月ですね。その期間一緒に暮らしていると不満も多く出てくるのはどうしてでしょう。結婚10年になると、子育ても頂点になりますよね。共働き家庭も多くなり、多くの妻は家事に子育て、そして仕事に追われてストレスも溜まります。あまり協力的ではない夫に不満が溜まる時期だと思います。子供に手がかかるし、仕事も忙しく寝る時間を削らないと時間がない・・・。しかも家事も夫は全然手伝ってくれない。このような生活をしていると疲れてしまい、嫌になってしまうこともあります。

悪い事ばかりではない。結婚10年目に頂点まで来た不満も、その3年後には小さくなって旦那と喧嘩することも少なくなると言われています。子供が成長して子育ての負担が少なくなります。一番大変なときを乗り切ったので自分にとって一番適している仕事と生活の調和を見つけられるようになります。

他にも子供が経済的に自立することも結婚生活をよく考えられるようになります。結婚20年が経つと、金銭的にも余裕が出てくるので生活も楽しめるようになります。

結婚20年目の磁器婚式。プレゼントは何がいいの?

20年目の結婚記念日は磁器婚式と言われています。20年の結婚生活が磁器に例えられているのは年が経つにつれて価値が増えることです。

新品の磁気も素敵だけど、古い磁器の持つ風合いは年月があったから感じられる物です。そのような長い時間と素晴らしさ夫婦にも例えられます。だから20年目の結婚記念日には磁器を贈るしきたりがあります。

磁器はアンティークが有名です。しかしアンティークじゃないとダメということはありません。新品を買って、今後2人でさらに一緒に過ごしていくというのもいいことです。

磁器というと食器が中心で、コーヒーセットやマグカップをお揃いにしたり、茶碗や湯呑などを食事の時に使ってもいいですね。

食器のいいところはいつも使う事が出来る事です。毎日使えるものにしましょう。

 - 人間関係・恋愛