記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

保育園が小学校区でない場合友達はできる?お悩み事情について

2017.11.9

小学校に入学すると同じクラスに顔見知りの子がいたり、全然いなかったりと通っていた幼稚園や保育園、引っ越しなどの状況によって環境はさまざまですよね。

クラスに一人でも知り合いの子がいれば安心しますが、そうでない場合『友達できるかな?』と不安になることもあります。

そんな小学校の友達作りについて調べまとめてみました。

こんな記事もよく読まれています

保育園の通う場所から小学校が遠いと友達できにくい?

自分の住む家の近所に、保育園がなく職場の近くなどの保育園に通わせた場合、小学校に上がる時に、子供に友達ができるかな?と悩むママもいるのではないでしょうか?

今通っている保育園のお友達関係が良好の場合は、このままのメンバーで同じ小学校だったらいいのにと思ってママ自身が悲しく不安になることもあるようです。

私は最近友達から子供の頃違う学区の保育園に通っていて、なかなか友達ができずストレスを感じたと聞き衝撃を感じました。

子供の性格にもよりますが、あまり考えすぎても子供も不安になってしまいますから、初めは友達はできにくいかもしれませんが、子供は柔軟性があるので友達は必ずできると信じましょう。

保育園の友達が小学校で同じクラスでも友達ができるとは限らない

保育園の子が小学校で同じクラスにいると、親は安心しますが、だからといって他の友達をすぐに作れるか作れないかは、子供の性格にもよりますよね。

活発で明るく誰とでも仲良くなれる子は、入学の翌日から遊ぶ約束をしてきますので、何も心配になることなく、友達作りをすることができます。

おとなしい子だと、同じ保育園の子に依存してしまい、同じ友達としか遊べず新しい友達を作ることが、しばらくの間できない状況の場合があります。

こう言った場合には、先生にあらかじめ他にも友達ができるように誘導することをお願いしておくと良いかもしれません。休み時間にいろんな子と遊べるようなきっかけを作ってもらう必要があります。

子供は柔軟性があるので、テレビの好きなキャラクターなどで気が合うとすぐに意気投合し仲良くなることもあります。

そう言った会話を引き出してもらうことを先生にお願いし、仲をとりもってもらうようにするのも一つの方法ですよ♪

保育園から小学校に入学する時に感じる不安の1番は友達関係?

子供が小学校に入学する時に、勉強や生活面での不安はあげるとキリがなく不安なこともたくさんありますが、親が一番心配する理由は、友達ができるかな?と言った理由が多いと耳にします。

親にとって子供が元気に学校に行ってくれることは、一番嬉しいことであり、子供が学校から帰ってきて、友達と遊んで来る!と言う言葉は、本当に嬉しいものです。

特に今の時代はイジメや仲間はずれが問題になっていることもあり、余計に心配になり不安になることもあります。

こういった不安は不安で良かったとおもえれば良いのですが、なかなか友達ができないと言った言葉を子供から聞くと、どうしたら良いのか?と思い悩んでしまうこともあります。

普段からコミュニケーションを取ることを教えるにも、小さな子供には難しいですよね。
できるのであれば、小学校に入る前に、学校区の公園に行ってみたりして公園の子供と学年関係なく顔見知りになっておくことも必要かもしれませんね。

子供が小学校に上がるとママ友同士の付き合いも変わる?

子供が小学校に上がると、働こうと考えるママもいるし、ちょっとのんびりしたいと思うママもいるかと思いますが、今まで子供の友達のママ友と付き合ってきたけど、働くことで付き合いがなくなってしまうこともありますよね。

小学校に入学したのを機にママ友付き合いは一体どう変化するのかは、その人次第ですよね。

仕事を初めても休みの日には連絡を取り合う人もいれば、やっと解放された!と思う人に分かれると思います。

解放されたと感じる人は、今まで我慢していたこともあるのでしょうから、少しずつ距離を置くことで、今後の付き合い方も相手の見方も変わっていくのではないかと思います。

付き合うか付き合わないかは自分次第で変化していくので、自分が付き合いたいと感じる人との付き合いは大切にしていくのが良いかもしれません。

子供が小学校に上がってもママ友は必要?

私には多くのママ友がおり、子供が大きくなった今でも付きあいがあり、その付き合いを今も大切にしています。いつも助け合いながら過ごしてきました。

  • 先生が見ていないところで、子供同士こんなことがあったよ
  • 休みが続いた時には、次の授業はこんなものを使うよ

など、いち早く情報を伝えてくれるのは本当にありがたく頼れる存在でもありました。

仕事で懇談などに出られない時には、授業などの取り組み方や子供同士の関わり方などいろんな情報を教えてくれるママ友の存在は、私達親子にとってなくはならない存在でありましたので、子供が小学校に上がってもママ友は必要だし、気を許せる知り合いがいることが、とても心強かったです。

子供同士の付き合いから始まったママ同士の友達関係ですが、うまが合う合わないなどありますが、付き合いを大事にしていくことが、長く付き合っていける秘訣でもあるのではないかと感じています。

これからはママ同士で旅行に行ったり、いろんなことをもっと楽しみたいと思っています。

 - 子育て・学校